もっち飼育日記

ハムスター初心者によるゴールデンハムスター飼育ブログ

赤ちゃん生後4日目、頭数発覚

【生後4日目】
大きなトラブルもなく、穏やかに育児生活を送るもっち。
ケージからは赤ちゃんの鳴き声が昼夜問わず良く聞こえてきます。
まだ生まれて4日目だけど赤ちゃんにはしっかり歯が生えているみたいで
たまにおっぱいを噛まれて痛いのか、もっちが大きな声でキー!と鳴きます。

育児中に心配なのが母ハムの乳腺炎です。
この病気になると母ハムが痛くておっぱいを上げることを拒んでしまい
赤ちゃんが無事に大きくならない恐れがあります。
適切な治療で治るものですが、それでも完治までは
母乳を与える事ができないため生後間もない子ハムには命取りです。

乳腺炎にならないようにするには、母ハムを太らせない事です。
出産前からひまわりの種など脂肪の多い種子系の餌を与えずに予防します。
また太りすぎると産道が狭くなってしまい出産そのものが危険になる可能性も。
我が家は妊娠発覚が出産の2日前でしたが、
幸い種子系は殆ど与えていなかったのでそこまで心配はしていませんでした。

出産前は点々だったもっちの乳首は立派なママ乳首に。
子供達に容赦なく吸われてるのが分かります。

f:id:mocchi_hamu:20160716212537j:plain
写真の通り、ケージの外への興味も復活してきたようで
人間の気配を感じると、こうして立ち上がってアピールしてくるようになりました。
でも、まだ触れる時期じゃないので、放置。

 

育児もしっかりやっていて
寝ながらしっかり赤ちゃんを抱いておっぱいを上げています。
ガラス水槽ともっちの野良寝のお陰でこんな姿が見られました。

この頃になると、もっちも育児疲れが出てきたのか
一人の時間を作るようになります。
巣を離れて、普段は使わない巣箱の中でぼーっとしたり毛づくろいをしたり。
それでも1時間もしないでちゃんと巣に戻って赤ちゃんの面倒を見ます。
ちょうどもっち不在時に、赤ちゃんの撮影に成功。

まだ毛も生えてなくてキンケシのようだ…。
ここで、少なくとも7匹の赤ちゃんがいるのだと判明しました。
無事に全ての赤ちゃんが育ってくれることを祈ります。