もっち飼育日記

ハムスター初心者によるゴールデンハムスター飼育ブログ

赤ちゃん生後4日目、頭数発覚

【生後4日目】
大きなトラブルもなく、穏やかに育児生活を送るもっち。
ケージからは赤ちゃんの鳴き声が昼夜問わず良く聞こえてきます。
まだ生まれて4日目だけど赤ちゃんにはしっかり歯が生えているみたいで
たまにおっぱいを噛まれて痛いのか、もっちが大きな声でキー!と鳴きます。

育児中に心配なのが母ハムの乳腺炎です。
この病気になると母ハムが痛くておっぱいを上げることを拒んでしまい
赤ちゃんが無事に大きくならない恐れがあります。
適切な治療で治るものですが、それでも完治までは
母乳を与える事ができないため生後間もない子ハムには命取りです。

乳腺炎にならないようにするには、母ハムを太らせない事です。
出産前からひまわりの種など脂肪の多い種子系の餌を与えずに予防します。
また太りすぎると産道が狭くなってしまい出産そのものが危険になる可能性も。
我が家は妊娠発覚が出産の2日前でしたが、
幸い種子系は殆ど与えていなかったのでそこまで心配はしていませんでした。

出産前は点々だったもっちの乳首は立派なママ乳首に。
子供達に容赦なく吸われてるのが分かります。

f:id:mocchi_hamu:20160716212537j:plain
写真の通り、ケージの外への興味も復活してきたようで
人間の気配を感じると、こうして立ち上がってアピールしてくるようになりました。
でも、まだ触れる時期じゃないので、放置。

 

育児もしっかりやっていて
寝ながらしっかり赤ちゃんを抱いておっぱいを上げています。
ガラス水槽ともっちの野良寝のお陰でこんな姿が見られました。

この頃になると、もっちも育児疲れが出てきたのか
一人の時間を作るようになります。
巣を離れて、普段は使わない巣箱の中でぼーっとしたり毛づくろいをしたり。
それでも1時間もしないでちゃんと巣に戻って赤ちゃんの面倒を見ます。
ちょうどもっち不在時に、赤ちゃんの撮影に成功。

まだ毛も生えてなくてキンケシのようだ…。
ここで、少なくとも7匹の赤ちゃんがいるのだと判明しました。
無事に全ての赤ちゃんが育ってくれることを祈ります。

赤ちゃん生後1~3日目

当ブログでは、赤ちゃんが生まれた日を生後0日として
翌日から生後1日と数えていきます。

赤ちゃんが生まれてから翌日、生後1日目。
この日も初日と特に変わった様子はなく…もっちが大事そうにお腹に抱えて
姿もあまり見ることはできません。

無理に覗いたりしてしまうと、子食いや育児放棄が怖いので
すごーく気になりつつも、静かに放っておきます。
放っておき過ぎて写真が1枚も残っていませんでしたw


【生後2日目】

f:id:mocchi_hamu:20160709172825j:plain
朝、ケージを見ると御覧の荒れよう…。
元々、夜中に巣箱や水槽の隅を齧る子だったので、出産後それも復活したようで。
夜中に巣を離れて一人の時間も過ごしているようです。
回し車を爆走する音も聞こえてきます。


ちなみに、人間に対しては強い警戒などは見た目にはなく。
餌と水、トイレの世話をするときも、威嚇したり噛みついたりなどはなし。
餌を入れてあげると、人間の手が撤収する前でも直ぐに近づいてきて
頬袋にたくさん詰めて持って帰ります。
とは言ってもまだ油断できない時期なので必要以上のスキンシップなどはしません。


【生後3日目】
今日は一段と巣のこんもり具合が…夜中のうちに色々やっているようです。

f:id:mocchi_hamu:20160709173045j:plain

この頃になると、授乳をしながら寝ている姿が増えてきます。
いつも赤ちゃんをお腹にしっかり抱いているのが殆どだったので
育児疲れか環境に慣れてきたのか…。
ここでもっちと赤ちゃんの様子が動画で撮れました。

まだとっても小さいのに足がバタバタ動いたり、ママのおっぱいを
しっかり飲んでいる姿が確認できました。

そして夕方に餌皿にペレットを入れてあげると
何故か左側の頬袋だけにパンパンに詰めて、口にも加えて巣に運びます。


生後3日目にして未だ頭数は確認できず。
子食いの心配は常に頭にあるのですが、子食いがあってもキレイに食べきってしまう
ことが多いみたいで、実際に合ったとしても分からないだろうし…。
赤ちゃんの一部が転がってる…なんて悲劇が起こらない事を日々祈っていました。

それから、子供が生まれる前は室温は25度キープだったのですが
出産育児とデリケートな期間は24度設定にしておりまして…これが寒い。
人間のいる場所、寝る場所にエアコンの風がちょうど当たるんですよね。
でも、しばらくは我慢です。


ゴールデンハムスターの赤ちゃんが産まれた!

ペットショップで買ったゴールデンハムスターのお腹が
ぽっこり横に膨らんでいることで妊娠に気づいてから、
まずは安全に出産、子育てをするための知識を集めました。

ハムスターの繁殖で一番避けたいのが子食いと育児放棄
子食いは母ハムが安心して子育てが出来ないと判断した時や
栄養が足りずに子供を育てられないと判断した時に起こってしまうそうです。
育児放棄も母ハムが子供を育てられない環境だと子育てを辞めてしまう事が
原因になったり、妊娠適齢期前の妊娠の場合には起きる確率が高いそうです。

ショップで妊娠したもっちは生後2カ月。
人間でいうと小中学生程度で育児放棄の可能性が心配でした。


【与える食べ物】
繁殖用ペレット、とういものが市販されているそうですが
我が家で元々与えていたニッパイのハムスターフード(ハード)が
幸いにも粗タンパク質が高いものでした。

栄養的にはこれと水だけで十分ではあるそうなのですが、妊娠に気づくのが遅く
もっちの身体も十分に育ち切っていない事が心配だったので
妊娠から授乳が終わるまで、毎日茹でたささみを少量与えることにしました。
他には煮干しやチーズ(小動物用の無塩)もタンパク質補給には良いそうです。

【環境を整える】
ハムスターの出産、子育てで飼い主が出来ることは
温度管理、餌と水やり、トイレの掃除…程度で、後は出来る限り静かにして放置です。
赤ちゃんが生まれて2週間くらいまでは、ケージの掃除も控えます。

また、もっちは巣箱を使わず、自分で巣を作っている子でした。
給水器を付けている近くに巣を作ってしまっていたので、これは妊娠が
判明してからすぐに移動しました。


と、言うわけで繁殖に必要な最低限の知識を集め
もっちのお腹がポッコリしている事に気づいてから2日後…
朝、ケージから小さな小さな鳴き声がいくつも聞こえました。

もっちは我が家に来てから一度も鳴いたことがないので
これは間違いなく生まれただろう…と嬉しさと緊張感が漂う我が家。
遠くからケージの中を見ても、もっちがゴソゴソしているだけで
赤ちゃんの存在を確認することは出来ません。
遠くからズームで撮影しているので画質が悪いです。

f:id:mocchi_hamu:20160702155131j:plain

本当に生まれたのか、何匹生まれたのか、子食いはしていないか
もっちの身体は大丈夫なのか…気になる事だらけですが、今は我慢。
同居人との会話も自然と小声でヒソヒソになってしまうw

そして漸く赤ちゃんの存在を目視できたのが数時間後。

f:id:mocchi_hamu:20160702155441j:plain
ピンク色のもっちじゃない別の物体が見えてる!
たったこれだけでも、赤ちゃんの姿が見えてかなり嬉しい。

赤ちゃんの存在が確実に分かったところで、もっちを購入したショップに電話します。
で、ショップ側が可能な対応としては
母ハム子ハムもまとめて引き取るor子ハムだけ引き取る…でした。

もっちを飼育し始めて2週間…手放す事は考えられなかったので
子ハムの引き取りをお願いすることにしました。
我が家では生まれた子全てを育てることは出来ないし、近親交配の可能性が
あり簡単に里子に出す事も出来ない状況…。
仕方ない選択とは言え、環境の悪いショップへの引き取りは
正直気持ちの良い選択ではありませんでした。

更に驚いたのが、2週間程で離乳するのでそしたらショップに持ってきて欲しい…と。
何でこっちが持っていかなきゃいかんのや!と言うことで
それはおかしいだろ、そっちの過失なんだから取りに来いと、来ていただく事に。

後は、こちらとしては繁殖は望んでいなかったので、
それに対する補償もお願いしました。
妊娠出産だと普段通りとはもちろん行きませんし、何より2週間以上も
もっちと触れ合うことができない…折角手に乗ってくれるようになったのに。

こちらの要望は終始、受け入れてくれたのですが
正直、こちらから言わなければ殆ど何もしてくれなかった、と言う事です。
あとチェーン店だったので本社に電話→購入店舗の担当者から折り返し…
という流れだったのですが、話を聞いていた感じこのショップでは
販売したハムスターが妊娠していた事は珍しくなさそうな感じでした。

ちなみにショップの担当者が2週間で離乳する、と言っていましたが
ゴールデンハムスターの離乳は生後3週間です。
2週間では、まだ目が開き始めて親と同じご飯も少しづつ食べられる程度で
離乳はまったくしていません。
母乳の大切さは人類もしかり…離乳前に離す事は子ハムの身体が弱くなり
母から学べる大切な事も知らないまま、性格にも影響が出てしまったり…
本当に生き物の事をまったく考えていないショップなのだと痛感。

こんな質の悪いペットショップが、チェーン展開していているから驚きです。
ペット業界の闇は深くて意外と近くにありました。
ハムスターを購入の際は、十分お気を付けください。


そして、子ハムが生まれた日の夜。
ふとケージを見ると、もっちが巣に逆さまに刺さって動かない?!
まさか…死んでる!?

f:id:mocchi_hamu:20160702162332j:plain
(写真を撮る余裕もなく驚いたのでイラストでお送りします)

赤ちゃんがゴソゴソ動くのでもっちの身体は動くのですが
逆さまになったまま動かず…そのまま横にゆっくり倒れていく体…。
本気で死んでいるんじゃないか、とかなり心配になりケージの傍で確認。

あ、あくびした。

どうやら爆睡していただけのようでした…。
まさか逆さまに巣に刺さって寝ているとは…出産前には考えられない寝相だったので
本気で心配してしまいました…。
お腹に赤ちゃんを抱っこしているので、そのまま赤ちゃんに押されて逆さまに
なっちゃただけだったのね…^^;

その後も起きる気配がなかったので、やっと赤ちゃんをしっかりと確認できました。
ピンク色でうにうに動いてて小さいエイリアンみたいw

f:id:mocchi_hamu:20160702162620j:plain
まだ産まれて2カ月のもっちが、たった一匹で出産と育児を一生懸命頑張っている姿を
見ると、動物ってすごいなぁと感心せずにはいられませんでした。

まだ何匹か分からないけど、このまま全員無事に大きくなりますように。

ショップで買ったハムスターが妊娠していた!

前回の日記で、お腹がぽっこり横の膨れたもっち。

f:id:mocchi_hamu:20160625200505j:plain
最初はここまで目立ってなかったのですが、わずか2日程でこの大きさに。
何か腫瘍が…?とも心配しましたが、恐らくこれ【妊娠】ですorz

調べたところによると、ハムスターは這って歩くので
妊娠するとお腹が横に膨らむみたいです、画像のようにぽっこりと。
そして心なしか目立つようになってきた乳首。

もっちの育成に辺り色々調べまわっていた時に何度か目にしたことのある
「ショップで買ってきたハムスターが妊娠していた問題」
まさか我が家にもそんな事態が巡ってくるなんて…。

後に調べたところによると、個体差や季節によって差はあれど
ゴールデンハムスターはメスなら生後4週間~
オスなら生後6週間~で繁殖が可能になってしまうそうで。
で、ペットショップで、もっちやその兄妹がどういう状況で飼育されていたか
思い返すと生後2カ月くらい(出生月しか分からない状態だった)の子ハムが
10匹近く同じケージで売られていて…って、そりゃあ妊娠するだろうよ…。

犬であれ猫であれ繁殖は母体に負担が掛かり寿命が縮んだり
母親にも少なからずダメージがあるので、繁殖なんて最初から頭にありませんでした。
なので、成熟期がいつ頃かとかそんな知識ないまま、
「ペットショップでそう売られているなら、問題ないのだろう」と思っていました。

ちなみにもっちの月齢が分かったのは購入時の契約書の書類にて。
売られている時はそのような表示はありせんでした。
初心者にはハムスターの見た目だけで月齢を判断するのは難しいと思います。

というわけでペットショップ業界の闇に見事に引っかかりました。
ハムスターをペットショップで買う時は、十分気を付けてください。
それなりに長く開業しているチェーン店で支店もいくつかあるショップなのに
こんな事態になってしまいました。
ちなみに、購入時のペットショップの様子が↓の記事にありますので
該当するお店でハムスターを購入するときは十分注意してください。
ゴールデンハムスターを買う - もっち飼育日記


ちなみにもっちは生まれて2カ月での妊娠。
ゴールデンハムスターの妊娠適齢期は生後3か月以降で十分体が成長してから。
適齢期前に妊娠出産は母体の危険も高くなり、出産後も子食いや育児放棄
確立が高くなってしまいます…。
更に、兄妹同士で同じケージに入れられていと思われるので、
つまりは近親交配の可能性が高いということです。
人間と同じく、血が濃くなることにより奇形や障害、先天性疾患などを
抱えて生まれてしまう可能性が通常より高くなるそうです。
何処かで「妊娠してるハムスター買えるなんてラッキーですね」という
書き込みも見ましたが、とんでもないです。

生まれてくる沢山の子供をどうするのか。
近親交配でのリスクを考えると気軽に里親に出すことも出来ません。
かと言って、そんな環境の悪いショップに子供を引き取らせるのか…。
突然、色々な事を考えて決めなくてはいけなくなってしまいました。

とは言え、まずは無事に生まれてくれる事が第一。
大急ぎで出産準備と、飼い主が知っておくべき知識を調べまくりました。

ゴールデンハムスターと仲良くなる

もっちが我が家に来てから10日程経ちました。
もうすっかりケージにも慣れて、のんびり過ごしています。

f:id:mocchi_hamu:20160625200131j:plain

 

巣箱を放棄(笑)したお陰で
オッサンのように毛づくろいする姿もこんなに良く見えて…


随分、人に慣れるのが早い子で
1週間待たずに手からご飯を取って食べるようになりました。
成長期なのもあり野菜でもペレットでも、取りあえず取って頬袋に詰める詰めるw

野菜を上げ過ぎると下痢になっちゃうとショップの店員さんに言われたので
主食はペレットのみを与え、おやつとして
小さなキャベツやニンジンのカケラを毎日少しづつ上げています。
茹でたカボチャなんかも甘くて美味しいみたいです。
ペレットは貰った傍から頬袋に詰めますが、野菜など好きなものは
その場でシャリシャリ食べ始めちゃいます。

ニンジンの皮を寝ながら食べる様子。

種子系は太りやすいそうなので我が家では、八百屋で購入したカボチャの種を
乾燥させたものを、ごくごくたまーに上げるくらいです。

最初は人間の手に警戒していましたが、指の先から餌を手渡しにするようになってから
1~2日で掌の上に手を乗せてペレットや野菜を取って食べるようになりました。
それから数日で手への警戒はなくなり、飼い主を全自動餌出し機と認識した様子。
必ず手をケージに入れる時は名前を呼ぶようにしていたので
ケージに近づき名前を呼ぶと「美味いもん貰える!」と自分から近づいてくるように。

掌に乗るようになってから、数日で掌から袖を伝って肩まで登るようになり、
そのまま室内散歩を始めました。
一度散歩を始めると、毎日散歩させないとストレスになるらしく。
収納ケースなどを使ってもっちの散歩スペースを作ったりで、何やかんや
時間は掛かりますが、それでもいつもと違った様子でお散歩する姿は可愛いです。


散歩から帰ってきたところで、餌皿にペレットを足してやり
毎日大好きな野菜のカケラなどを上げて
お散歩すると良い事があるんだ!と覚えてもらおうとしていますw

このまま、ゆっくり慣れて貰ってのーんびり穏やかに暮らしていくんだな…
、思っていたのですが…

f:id:mocchi_hamu:20160625200505j:plain

ん?このお腹の膨らみは…?

ゴールデンハムスターの飼育用品 その2

その1はコチラ↓

ゴールデンハムスターの飼育用品 その1 - もっち飼育日記

 

もっちを飼い始めてから、やっぱり必要だった!と思い
買い足したものや、あったら便利だったもの
二度と買わないであろう物などを紹介します。

まずは温度、湿度管理のための温度計/湿度計です。
これは最初に買っておくべき必須アイテムです。
ハムスターの飼育環境に最適な温度は20~25度程度、湿度は40~60%だそうですが
最初は天気予報と体感で良いだろうと思って買いませんでした。
でも、実際に飼い始めてみると分からない事がとても不安になったので買いました。

で、実際設置してみると天気予報の気温とはもちろん違ってくるし
ハムスターにとって最適な温度の体感も思ってたより寒かったです(冷え性
そして雨が降ると湿度が70%近くまで普通に上がります。
ハムスターを飼育する上では絶対に欠かせないものだと思います。

こちらは留守の間の気温や湿度も記録されて後で見ることができるタイプですが
24時間エアコン管理しているので、一度も使ってない機能です。
温度と湿度だけ分かればいいのなら、もっと安価なものも沢山ありますので
ハムスターを購入する際は必ず付けてあげて欲しいアイテムです。

ちなみに我が家はこのように針金で吊るしています。
f:id:mocchi_hamu:20160618164504p:plain
吊るす場所はハムスターの手が届かないところにすると安全です。
巣箱やトイレの上に乗ったりするので、何もない場所にするのがベスト。
人間との共存のために25度辺りをキープしています。

 

 

続いてこのミニ掃除機(電池別売り)
ケージ周りはトイレの砂や床材など気を付けていてもどうしても汚れてしまいます。
ちょっと掃除をしたいなぁって思う事は日常的にあるのですが
そういう時にはこれはかなり便利です。

吸引力はそれなりですが、床材やトイレ砂、細かいゴミ、くらいなら
丁寧に掃除機をかけると、ちゃんと吸い込んでくれます。
音も我が家のハムスターは気にしない程度です。
とは言え、吸引力、大きさの面からケージの大掃除などでは
これひとつで掃除は仕切るのは難しいです。

 

それから消臭アイテムです。
ハムスターは犬猫に比べるとにおいが少ないですが
やはりオシッコなどは無臭…というわけにはいきません。

消臭除菌水です。
これはかなり便利で、トイレ掃除やケージ掃除の時に使っています。
我が家はガラス水槽ケージなので、洗うの大変なのですが
これをスプレーすればお風呂場でバシャバシャ洗わなくても済みます。
一個前の記事で紹介したので説明は省略。

 

 

無効の消臭剤も使用しています。
そこまで効果を感じてはいないのですが…きっと効いてるんだとw
こちらもジャムのビンに入れて悪戯されない場所に針金で吊るしています。

f:id:mocchi_hamu:20160618172743p:plain

100均で買ってきた金網を使うと便利です。
f:id:mocchi_hamu:20160618173510p:plain
でっかいプラスチック製のトング(料理用)も隠したペレットを回収したり
ウンチを拾う時に便利なのでおススメです。
後はハムスターを触る前、触った後に使うアルコールジェル。
写真のものは臭いが飛ぶまで少しかかるので、飛ばしてからハムに触れます。
霧吹きには上で紹介したぺっとくりんが入っています。

 

私はあまり気にならなかったのですが、同居人はどうもケージ周りのにおいに
敏感だったので、こちらの脱臭機を購入しました。
これ、付けた瞬間、気になる臭いが一瞬でなくなるくらい効きます。
臭いがどうしても気になる場合にはあると良いかと思います。



これ以降は買わない方が良かったアイテムの紹介です。

ケージの大掃除の時にハムスターを
一時的に入れて置く場所としても必要な移動用キャリーです。

こちらのキャリー、給水器もついて一見良さそうに見えるのですが
給水器が安っぽくて水が漏れやすいので使えたもんじゃありません。
移動の時なんかに気付かないうちにハムスターに
水が沢山掛かったら寒さなどで死んでしまうかもしれません。

そして、蓋は商品画像のように開いたままにはなりません。
片手で押さえておかないといけないので、
動き回るハムスターを出し入れするのには超絶不向きです。

この頃からマルカン製品の質の悪さに気づき…調べてみるとあーなる程…と。
餌もお砂糖や着色料を使っていてハムスターの事を考えていない
利益主義のメーカなのかな…という個人の感想。
こういうことをするメーカーにはあまり儲かってほしくないので
可能な限り避けて行こうと思います。

 

続いてコチラのちょびっとナッツ(スドー製)
色々な木の実や乾燥フルーツが少しづつ入っているので
試しに上げてみようと思い購入。

で、これハムスターの絵が描いてあるしハムスター用としても売られているので
当然、消費者はハムスターに上げてもいいものしか入っていないと思います。

が…、この中に入っているレーズンは
ハムスターには上げ手はいけない可能性が高いものでした。
人によっては大丈夫と解釈されている方もいるようですが
少しでも危険な可能性があるならば与える必要などないと思っています。

他に入っている乾燥バナナも上げ過ぎると糖分の取りすぎに、
ひまわりやカボチャの種もハムスターは大好きですが太りやすいので、
我が家ではケージの大掃除の後など、ストレスを感じてしまった時に
1粒上げる程度にしています。

コチラも企業のやり方に不信感を持ったので、リピートはなしです。


小動物用品って、よくよく調べてみると粗悪品がかなり多くて驚きます。
何を与えるにしても、何を買うにしても
市販で売っているのだから安心だと思わずに、自分で調べる大切さを学びました。
それでも情報が古かったり、人によって違う意見もあるので大変なのですが(汗)


あとやっぱりハムスターにとって安全で快適な環境…となると
お金もそれなりに必要になってくるようです。
私も実際、もっと安価で飼育できるというイメージはありました。
粗悪品が無くならないのは飼うのにコストが掛かると思われてしまうと
購入する人が少なくなってしまうからでしょうか。
ハムスター用の金網ケージなんか悪い事だらけなのにまだまだ普及してるし。

個人的には命を飼うと決めたなら、出来るだけ良い環境で
少しでも長く一緒に居られるように出来ればいいな、と思います。

巣箱をリメイクしよう

何とかトイレを覚えてくれたもっち。
その間にオシッコをされてしまった巣箱をリメイクしました。

ゴールデンハムスター用の巣箱って市販じゃあまり種類がないのもあり、
このマルカン製の「ハムちゃん2階でごはん」を使われている方も多いです。

餌皿に床材が入らないなどの利点もあるのですがあまり製品の質は良くありません。
製品によって多少バラつきはありますが、階段と壁の間に隙間が大きく開いていたり
階段も活発な子だとすぐに外れてしまいます。
もうちょっと製品としてのクオリティが高ければいいのですが…
ハムスター用品だし安価だし仕方ないのかもしれないです。

というわけで、色々気に入らない部分のあるこちらの巣箱。
気に入るようにしてしまおうと、リメイクをしました。

オシッコで汚れてしまった巣箱を、ペット用の消臭除菌水を入れた
お湯に数時間漬けておきます。
これで水溶性接着剤が取れて、巣箱のパーツがバラバラになります。

ちなみに使用した消臭除菌水はこちら。

スプレータイプもありますが、我が家では2Lのものを購入し
100均の霧吹きに入れて使っています。
消臭効果がかなり高く、直ぐに水に変わるので塩素の臭いもすぐに飛びます。
かなり優秀な消臭除菌水で万が一ペットの口に入っても大丈夫です。
(犬用のものもありパッケージが似ているので飼い間違えには注意)

パーツがバラバラになったら24時間程、乾燥さえてから
理想の巣箱に組み立て直します。
巣箱が二部屋分だったのを一部屋分に変更してサイズも少し小さめにするので
必要な板だけ選別して、ノコギリで切ったり、ヤスリをかけたり…。

f:id:mocchi_hamu:20160612160227j:plain

水性ボンドで接着したら、接着のために針金で絞ります。
水分を吸って木が歪んでしまった部分には板を挟んで矯正します。
f:id:mocchi_hamu:20160612160552j:plain

そして完成したのがこちら(左)
なんということでしょう!リメイク前(右)より大分シンプルになりました。
f:id:mocchi_hamu:20160612160838j:plain

匠の技により蓋を取り外しできるようにしたので巣箱内の掃除も簡単に!f:id:mocchi_hamu:20160612161150j:plain

早速もっちのいる水槽に設置してみることに。
ちなみに今、巣にしているところに置いてしまうと「巣を荒らされた!」と
ハムスターが思ってしまう事があるので、巣とは違う場所に置いて
ハムスターが自分で引っ越すのを待ちます。

果たして気に入ってくれるのでしょうか…。
巣箱リメイクの一連をまとめた動画がこちらです。


ハムスターってだいたい人間の思う通りにはしてくれないです。
そこが可愛いところでもあるのですが…。

結局、巣箱は使わずに自分で作った巣が気に入っているみたいなので
好きにさせておくことにしました。
いつでももっちの姿が見えるので、これはこれで良し。

f:id:mocchi_hamu:20160618161437p:plain